LHR-2BREU3 のセットアップ

Logitec から発売された、LHR-2BREU3 っていう Raid(0/1) に対応した外付け HDD ケースを買ったよ。

最大 4TB の HDD が 2 台マウントできて、Raid も組めるやつ。

DSC_5600

うちでは、3TB * 2 の Raid1 構成にするよ。

4TB じゃなく、3TB にしたのはコスパで。
どうせすぐ壊れる&安くなる し。

参考までに LHR-2BREU3 で出来る構成一覧

  1. SIN(シングル)
  2. 普通に 2 台入れたら 2 台扱いになるモード。

  3. RAID 0(ストライピング)
  4. 2 台のハードディスクに、データを分散して読み書きし高速化したもの。
    ※ 1 台のハードディスクが故障すると、すべてのデータが読み出せなくなる。

  5. RAID 1(ミラーリング)
  6. 2 台のハードディスクに、同時に同じ内容を書き込む。
    1 台が故障した際に、もう一方も同時に故障する可能性は低く、システムは稼動し続けることが出来る。
    また LHR-2BREU3 ではオートリビルドという機能を搭載しているため、故障したハードディスクを入れ替えれすれば、自動的に RAID を再構築し、障害前の状態に復旧できる。

  7. JBOD(スパニング)
  8. 複数台のハードディスクを結合させ、1台のドライブとして使用できるもの。
    たとえば3TByteのハードディスクを2台使用すれば、6TByteのドライブとして使用できる。
    それぞれ容量の違うハードディスクでも使用できるが 1 台のハードディスクが故障すると、すべてのデータが読み出せなくなる。
    また、RAID0のような速度向上は見込めない。

前置きが長くなりましたがセットアップしていくます。
今回使用する HDD は Western Digital 3.5inch 3.0TB を2つ。

昨日、仕事帰りに [email protected] で買ってきたよ。
54a63d84d2dd11e1899a12313804ce11_7

本体と付属品
b1e0afa2d2dd11e1a74f1231380fcc36_7
1ec3e242d2de11e1b93522000a1c8870_7

まずは、付属のハンドルを付属のドライバーと付属のビスでマウントするよ。
73fb610ed2de11e195e3123138048d2c_7
f9a25d26d2de11e1b62322000a1e8a75_7

だんだん。

2 個目の HDD でも同じ事をやったら、本体を開いて
763e7676d2df11e1b62722000a1e8b36_7

中に入れて、
1007abd2d2e111e1bbaa22000a1e8b20_7

フタを閉じると SATA コネクタがささる仕組みらしいんだけど、これがメチャクチャ固い。
コネクタが壊れちゃうんじゃないかってくらい固い。。
いらない HDD を持ってきて、ホントにこれで正しいのか試しちゃったよ。

故障覚悟で力を込めてフタを閉めたところ、正常にささった模様。

USB で Macbook につないで、電源 ON 。
前面 LED で2台とも認識されていることを確認しました。

そしたら次にボリューム構成の設定。
デフォルトはシングルモードになっているので、これを Raid1 に変更するよ。

MODEボタンを長押しして、RAID LED が点滅したら、 MODE ボタンを数回押して RAID 1 の所に移動させるよ。
DSC_5603

移動させたら、背面の隠し扉(?)を開いて、隠しボタン(?)を電源が切れるまで長押しするよ。
# 隠されている部分は公開していいのか分からなかったので公開しません。
# 嘘です。写真撮るのがめんどくさかっただけです。
6ae5b5c6d2e111e1871d22000a1e8692_7

再起動するとRaid1になってたよ。
DSC_5609

これで完了。
あとは PC とか Mac から読み書きできるようになったことを確認して

お し ま い


This entry was posted in PC等. Bookmark the permalink.

2 Responses to LHR-2BREU3 のセットアップ

  1. sb2 says:

    FAN のスピードをオートに設定して数時間書き込み続けてるけど、まだ三段階の一番下だ。
    今日は涼しいってのもあるし、USB 2.0 接続だからそんなに速度でないっていうのもあるかもだけど。

  2. Pingback: ReadyNAS DUO v2 | YORV