なぜ3番

 1月某日夜@阿佐ヶ谷。
0607DF1B-F62F-4EDA-823C-46B9CB417D91-302
 わりとよく見かける名前に番号をいれてる店。好きです。中華に多いかな?このお店は入ったことないけどきっと美味しいと思います。そういえば昔、高円寺北に「味二番」っていうお店もあったなぁ。もうなくなっちゃったけど。味はどうだったっけ。すごく雰囲気のある、良いお店だったけど、おじいさんおばあさんがやってたので、体力的にそろそろ厳しかったのかな。しかし、そのときもなんで「一番」にしないんだろうと思ったのを思い出しました。聞かなかったけど。なんか意味あるんですかね。縁起がいいとかそういうの。それともただ純粋に長嶋茂雄ファンだとか、はたまた3人兄弟で、ほかに1番、2番というお店があるのか。(これは佐野でそんな感じのお店があったので。)と、ここまで書いて気づいたけど、これはあえてハードルを下げているのではないでしょうか。きっと「一番」だと、さぞかし美味しいんでしょうね!という心持ちで入っちゃうので、まぁ美味しくても、一番か!?となるのをさけるために控えめにしている説。入って聞いてみろって話ですね。今度行きます。

小学校の6年間、出席番号は3番でした。

This entry was posted in Leica 50mm f/2.8 ELMAR-M, Leica M6 (NonTTL), Lomography Color Negative 800, 写真・動画・カメラ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.